笠間書院 kasamashoin ONLINE: アーカイブ

shinchaku.gif
東京都立中央図書館 企画展示「いざ 江戸城へ!-白書院・黒書院にみる儀式と年中行事」​ (平成28年10月29日(土)〜11月13日(日))
笠間書院のメールマガジン [246号]刊行しました
古代文学研究者、阿蘇瑞枝氏の著述目録公開[論文・著書](大石園編)
近刊『清水文雄「戦中日記」 文学・教育・時局』の人名索引をPDF公開
いわき市勿来関文学歴史館 企画展「版本の世界」(平成28年9月22日(木)~11月15日(火))
街道資料トークセッション「北斎が描いた街道」(2016年11月3日(祝・木)、郵政博物館)
奈良県立図書情報館・図書展示 「河竹黙阿弥と歌舞伎の世界」【今年は河竹黙阿弥の生誕200年にあたります】(平成28年10月1日(土)~27日(木))※展示図書リスト約250冊あり
すみだ北斎美術館・開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」(2016年11月22 日(火)~ 2017年1月15日(日))
実践女子大学香雪記念資料館「1797年 江戸の文化人 大集合! -- 佐藤一斎収集書画の世界 --」(2016年10月10日(月) ~ 12月10日(土))
大東文化大学第一高等学校・高等学校専任教諭(国語科)の公募(2016年10月28日 必着)
『太平記』国際研究集会編『『太平記』をとらえる』第三巻(笠間書院)
高志の国文学館 企画展「浅野総一郎 - 九転十起の生涯」(平成28年10月29日(土)~12月19日(月))
芭蕉翁記念館 平成28年度芭蕉祭第70回記念特別展「芭蕉と肖像-翁百態」(平成28年10月8日(土)~12月27日(火))
世田谷文学館 連続講座「澁澤龍彦」(仮称)(2017年2月4日・18日・25日(土)、世田谷美術館講堂 ※要申込)
宇佐市民図書館・渡綱記念ギャラリー「横光利一展~『旅愁』の俳句~」【自筆原稿「塩」公開】(2016年09月17日(土) ~ 2016年10月30日(日))
韓国文化院・『訓民正音』刊行570周年記念特別企画展  『訓民正音』とハングルデザイン(2016年10月7(金)~ 28日(金)、韓国文化院ギャラリーMI(1F)[四谷] ※入場無料)
千代田区立千代田図書館・2016年度ミュージアムセミナー2 「国立公文書館『書物を愛する人々』展」【土屋裕史さん/国立公文書館 統括公文書専門官室職員】(2016年11月10日(木曜日)午後7時~、千代田区役所4階、要申込)
第37回 中国語話者のための日本語教育研究会(2016年11月12日(土)、首都大学東京 南大沢キャンパス)
早稲田大学演劇博物館・野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」【聞き手:児玉竜一(演劇博物館副館長)】(2016年10月18日(火)、18:30~20:00、早稲田大学大隈記念講堂 大講堂、要申し込み)
法政大学能楽研究所「国語学から見た能楽伝書」(2016年10月16日(日) 14:00 ~ 17:00、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階A会議室)
笠間書院のTwitter・最新記事
以下の表示が空欄の場合、こちらでご確認下さい→笠間書院のtwitter

最新の記事

2016年9月30日

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●東京都立中央図書館 企画展示「いざ 江戸城へ!-白書院・黒書院にみる儀式と年中行事」​ (平成28年10月29日(土)〜11月13日(日))

Twitterでつぶやく

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1417

--------------------

企画展示「いざ 江戸城へ!-白書院・黒書院にみる儀式と年中行事」​

 都立中央図書館特別文庫室では、国の重要文化財である「江戸城造営関係資料(甲良家伝来)」646点を所蔵しています。今回の企画展示では、江戸城本丸御殿で行われていた儀式・年中行事について、重要文化財を含む当室所蔵の貴重資料でご紹介します。

会期
平成28年10月29日(土)から11月13日(日)まで
【休館日 11月10日(木)】
午前10時から午後5時30分まで(金曜日は午後8時まで)

会場
東京都立中央図書館 企画展示室及び多目的ホール(4階) 入場無料

展示内容
 東京都立中央図書館特別文庫室では、重要文化財「江戸城造営関係資料」(甲良家(こうらけ)伝来)をはじめ、江戸時代後期を中心とした貴重資料を多数所蔵しており、東京文化財ウィークを機に企画展を開催し、これらの資料を公開しております。
 本年度は、江戸城における政治機能を果たした本丸御殿の大広間、白書院、黒書院のほか、大広間と白書院をつなぐ松之廊下に焦点を当て、これらの空間で行われた儀式や年中行事を通じて江戸城の魅力をご紹介します。
 また、会場内では、赤穂事件で有名な松之廊下の一部を実物大で再現し、「忠臣蔵」の世界を楽しめる展示も行います。

●チラシ(PDFファイル(1.7MB))
http://www.library.metro.tokyo.jp/Portals/0/edo/bunkazaiweek/h28chirashi.pdf

 この記事のカテゴリーは : メールマガジン刊行です。

●笠間書院のメールマガジン [246号]刊行しました

Twitterでつぶやく

笠間書院のメールマガジン [246号]刊行しました
1378部発行。

笠間書院は、日本語、日本文学の研究書を主として刊行する出版社です。
このメールマガジンでは、笠間書院の新刊案内はもちろんのこと、
このブログの更新情報や、
小社に入ってきた、文学・言語研究に関する情報を広く公開していきます。
皆様からの情報提供をお待ちしております。

登録はこちらから!
メールアドレス(まぐまぐ配信)







バックナンバーはこちらからご覧下さい

 この記事のカテゴリーは : ホームページ紹介です。

●古代文学研究者、阿蘇瑞枝氏の著述目録公開[論文・著書](大石園編)

Twitterでつぶやく

古代文学研究者、阿蘇瑞枝氏(2016年5月逝去。共立女子大学・日本女子大学・昭和女子大学歴任)の著述目録を公開します。
大石園編。「阿蘇瑞枝教授略歴ならびに著述目録」(『国文目白』第38号)を参照し、適宜、追加したものです。詳しくはエクセルの注記を参照して下さい。

○阿蘇瑞枝氏の著述目録公開[論文・著書](大石園編)
http://kasamashoin.jp/shoten/aso_mizue_mokuroku.xlsx

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●近刊『清水文雄「戦中日記」 文学・教育・時局』の人名索引をPDF公開

Twitterでつぶやく

間もなく刊行予定の、『清水文雄「戦中日記」 文学・教育・時局』[清水明雄・編、前田雅之・解説](笠間書院)の、人名索引をPDF公開いたします。

○『清水文雄「戦中日記」 文学・教育・時局』人名索引
http://kasamashoin.jp/shoten/shimizu_senchu_jimeisakuin.pdf

どんな人物が登場しているのか、ぜひご確認ください。

本書の詳細は以下です。

70816_k.jpg

『清水文雄「戦中日記」 文学・教育・時局』(笠間書院)

ISBN978-4-305-70816-8 C0095
A5判・上製・カバー装・628頁 口絵4頁
定価:本体3,700円(税別)


「天皇と三島。清水は二人の紛れもない師であった。」(松岡正剛)
「この時代が見失っている原型を浮かびあがらせる」(保阪正康)
和泉式部を中心とする平安朝文学の研究者で、三島由紀夫を見出したことで知られる清水文雄の戦中日記。
大学ノートに記された、昭和十二年より昭和二十年八月十五日までの「日本文学の会日誌」(昭和十三年三月〜十六年二月)「雑記帳」「碌々斎日記」(昭和十八年七月二十九日以降の名称)の全文を収録する。

本日記には、三島由紀夫『花ざかりの森』が掲載されたことで知られる雑誌『文藝文化』(齋藤清衛・蓮田善明・栗山理一・池田勉など)が生まれてくる過程や、文藝文化グループ以外の人々(伊東静雄・保田與重郎など)と清水の交流がわかるなど、戦時期文学運動の実態が綴られるほか、皇太子(現今上天皇)を中心とする皇族教育起草案(国文教科書編纂)の策定過程、今まで知られていなかった、三島以外との文学的交流―戦時下の恋歌鑑賞、連歌、和歌の贈答など―は、「戦時下のみやび」を伝えて余りある。戦時下、教師として研究者として、国家や天皇をどう考えていたのか。初めて明かされる貴重な記録。

------

推薦

保阪正康氏

 昭和精神史の中に脈々と流れる日本主義、その息吹はどのような形で「歴史」の海をつくりえたのか、古典文学の研究者、学習院にあっての教育者、その二つの顔をもつ文人の息づかいが本書の魅力である。加えて、昭和の軸ともいうべき国語教育、そして古典文学の枠を見つめる日本精神、その道を歩みつづけた一教育者の時代の記録は、改めてこの時代が見失っている原型を浮かびあがらせる。

松岡正剛氏

 「心が晴れる本」があるとしたら―この日記を繙くべきである

 ヴァイニング女史の前に清水文雄がいた。少年東宮であった今上天皇を教えたのは清水だった。三島由紀夫の前に清水文雄がいた。少年平岡公威の『花ざかりの森』を三島由紀夫として世に送り出したのは清水だった。天皇と三島。清水は二人の紛れもない師であった。
 もとより清水は和泉式部研究の第一人者でありつづけた孤高かつ浩瀚の国文学者である。和泉式部の生き字引といえば清水をおいてはいなかった。私には衣通姫伝承の奥にいったい何が秘められていたのか、その謎に導いてくれた人でもあった。
 けれども、このたび『戦中日記』のゲラを読んで愕然とし、そして沛然とした。「惟神の国振」を昭和を代表する人士に吹き入れていたのは清水だったのである。三島の師や皇太子の教授掛にとどまっていない。日記が示しているものは、天皇家に伝えるべき魂魄の教育の計画全般に及んでいた。富士谷成章の脚結抄の活用にまでふれていることなどにも驚いた。
 日記は昭和十三年の「様式とは個性原理である」に始まって、敗戦八月十五日の「何か思ひ当たる予感のやうなものがある」で擱筆されている。この日記は二一世紀日本の「欠如の一隅」をきっと埋めるものになるだろう。
 もうひとつ、加えたい。清水日記はかけがえのない読書録にもなっている。世の中に「心が晴れる本」があるとしたら何なのか、そのことを知りたいのなら、この日記を繙くべきである。


-----------
■著者紹介

清水文雄(しみず・ふみお)
1903(明治36)年6月6日〜1998(平成10)年2月4日。国文学者。和泉式部を中心とする平安朝文学の研究者。三島由紀夫を見出したことで知られる。著書に、『王朝女流文学史』、『衣通姫の流』、『和泉式部研究』、『和泉式部歌集の研究』など。また三島由紀夫との交流を示すものとして、『師・清水文雄への手紙』(新潮社、2003年)がある。

[編者]
清水明雄
(しみず・あきお)
1946(昭和21)年7月、広島県に生まれる。1977(昭和52)年3月、関西大学大学院文学研究科国文学専攻修了。1977(昭和52)年4月〜2007(平成19)年3月、広島県内公立高校教諭勤務、祇園北高校で定年退職。

[解説]
前田雅之
(まえだ・まさゆき)
1954年生まれ。明星大学教授。中古・中世文学(説話・和歌・注釈)専攻。著書に『今昔物語集の世界構想』(笠間書院、1994年)、『古典的思考』(笠間書院、2011年)などがある。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708168/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はしがき
凡例

日本文学の会日誌
 昭和十三年(一九三八)三十五歳
 昭和十五年(一九四〇)三十七歳
 昭和十六年(一九四一)三十八歳

戦中日記(その1)
 昭和十二年〜十五年(一九三七〜四〇)三十四歳〜三十七歳
 昭和十八年(一九四三)四十歳
 昭和十九年二月・六月(一九四四)四十一歳
 昭和十九年七月
 昭和十九年八月

戦中日記(その2)
 昭和十九年九月(一九四四)
 昭和十九年十月
 昭和十九年十一月・十二月
 昭和二十年一月(一九四五)四十二歳
 昭和二十年二月・三月
 昭和二十年四月〜八月

清水家略系図
児玉家略系図
山廣家略系図
清水文雄略年譜
清水文雄著書・論文等目録

解説 前田雅之

あとがき
人名索引

-----------

【凡例】

一、本書は、大学ノート(一部自由日記)に記された、昭和十二年より昭和二十年八月十五日までの、「日本文学の会日誌」(昭和十三年三月〜十六年二月)「雑記帳」「碌々斎日記」(昭和十八年七月二十九日以降の名称)の全文である。「碌々斎」という名称の由来は、文雄が生年月日(明治三十六年六月六日)に引っかけて戯れに名付けたもので、俳号にも用いている。なお、「日本文学の会日誌」の昭和十三年三月十日、二十日、二十三日、二十九日、三十一日は、「戦中日記」と重複している。また、「戦中日記」の十六年・十七年は、記載がない。
一、ノートには随所に当時の新聞の切り抜きが貼付されているが、ここでは割愛した。
一、仮名遣いは原文通りとし、漢字は人名などの一部を除き新字体とした。ただし、促音の「つ」は、大文字とも小文字とも判然としない表記が多いので読み易さを考えて、小さい「つ」に統一した。
一、平仮名の踊り字は原稿表記を尊重して、片仮名表記で統一した。
一、誤字脱字の明らかな物は訂正した。判読不能の場合は「・」で示し、判別に迷う場合は〔ママ〕とした。
一、差し障りのある個人情報については、イニシャルで記した。
一、編者の注記は、文中に*を入れ脚注とした。また、文中に(補注)と記した長い注は段末においた。さらにまた、文中に〔傍点平岡〕のように注記を入れた。
一、「目次」に示した大きな段落毎に、「解説」を記し、「参考文献」をあげた。
一、特に、日記中に頻出する「皇太子殿下のご受業方針」については、戦後七十年の今日からすると違和感をもたれる向もあるかと思うが、「東宮の教育はいかにあるべきか」という難題に、学習院の教師と側近の方々、更に清水周辺の有識者が真摯に向き合った貴重な記録として、煩を厭わずすべてを翻刻した。
一、本書は、清水文雄の「日記」であり、清水個人の当時の印象が書き記されたものである。

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●いわき市勿来関文学歴史館 企画展「版本の世界」(平成28年9月22日(木)~11月15日(火))

Twitterでつぶやく

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://iwakicity-park.or.jp/archives/6162

--------------------

江戸時代中期から明治時代初期にかけて刊行された草双紙を13点展示しています。式亭三馬・十返舎一九・上田秋成・山東京伝など有名作家の黄表紙が一度に見られます! 江戸時代の未来予想図・『無益委記』のような有名黄表紙の他、他ではなかなか見られない『二六時中悪魔退治』など興味深い版本もあります。

また、慶長・元和年間(1596~1624)に刊行された、日本最初期の活字本、いわゆる光悦本も2点展示しています。日本の印刷史上貴重な遺産をぜひご覧ください!

1 会  期   平成28年9月22日(木)~平成28年11月15日(火)
休館日:10月19日(水)

2 料  金
一般 320円(270円) 大高中 220円(160円) 小学生 160円(110円)
( )内は20名様以上の団体料金
※無料になる場合
市内に住所を有する65歳以上の方
身障者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
市内の小・中・高・専修・高専生。 (ただし、土曜日と日曜日のみ)

3 趣  旨
手で書き写して作る「写本」に対し、印刷、特に木版印刷で刷られた書物を「版本」といいます。木版印刷は書物の普及に大きく貢献し、江戸時代には庶民の娯楽も提供するようになりました。特に、草双紙と呼ばれる絵入りの娯楽本は、江戸の出版の典型として知られています。
本展は、草双紙を通時代的に展示することで、装丁や内容の変遷を追うと共に、江戸時代の自由闊達な出版文化を紹介しようとするものです。
同時に、古活字本の展示により、草双紙以前の印刷史に対象を広げ、初期の活版印刷の高い技術水準を示すことを目指します。

4 主な展示品(全18点)
いわき明星大学図書館 所蔵 貴重書(15点)
1、『浮舟』 光悦謡本 古活字版 特製
2、『殺生石』 光悦謡本
3、式亭三馬『狂言田舎操』
4、上田秋成『癇癖談』
5、十返舎一九一世『倡売往来』
6、十返舎一九一世『恋仇討狐助太刀』
7、笠亭仙果一世『根源実紫』
8、壁前九年坊『即席御療治』
9、富川房信『東辺木捺刀作』
10、鳥居清重『二六時中悪魔退治』
11、山東京伝『根無草筆芿』
12、北尾政美『夭怪着到牒』
13、『三浦荒治郎』
14、恋川春町一世『無益委記』
15、山東京伝『桃太郎発端説話』

当館所蔵 版本(3点)
1、萩原広道『源氏物語評釈』
2、『大日本史』
3、荻生徂徠『論語徴集解』

5 会期中のイベント
○展示解説
当館学芸員が勿来関と企画展について説明します。
・日  時:平成28年10月15日(土) 11時00分~12時00分
平成28年11月5日(土) 11時00分~12時00分
・会  場:いわき市勿来関文学歴史館 企画展示室
・講  師:当館学芸員
・費  用:各自、観覧券をお求めいただきます。
・募集定員:なし
・申込方法:予約不要です。当日10時までに当館企画展示室までお越しください。
なお、途中参加可能です。

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●街道資料トークセッション「北斎が描いた街道」(2016年11月3日(祝・木)、郵政博物館)

Twitterでつぶやく

トークセッション情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.postalmuseum.jp/event/2016/09/kaidotalk1103.html

--------------------

郵政博物館所蔵の葛飾北斎の作品に描かれた江戸時代の街道風景とその風俗についてトークを行います。

【日時】
11月3日(祝・木)15時~16時 

【会場】
郵政博物館 多目的スペース

【出演】
埼玉県立文書館 館長 杉山正司
物流博物館 学芸員  玉井幹司
郵政博物館 館長  井上卓朗

【参加料】
無料(入場料が別途かかります)

【定員】
40名 ※15分前に会場にお集まりください  

【協力】
全国街道資料ネットワーク

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●奈良県立図書情報館・図書展示 「河竹黙阿弥と歌舞伎の世界」【今年は河竹黙阿弥の生誕200年にあたります】(平成28年10月1日(土)~27日(木))※展示図書リスト約250冊あり

Twitterでつぶやく

図書展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2124

--------------------

【今年は河竹黙阿弥の生誕200年にあたります。黙阿弥は、幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者です。生涯に残した作品は時代物・世話物・所作事などあわせて約360編におよびます。代表作に「三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)」「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」などがあります。本展示では、黙阿弥の作品とその人物像に迫るとともに、歌舞伎の入門書などをあわせてご紹介します。】

日時
2016.10.01(土) 09:00 to 2016.10.27(木) 20:00

会場
2階 情報資料スペース

主催
奈良県立図書情報館

展示内容
『河竹黙阿弥』
『黙阿弥研究の現在』
『黙阿弥の明治維新』
『歌舞伎通になる本』
『歌舞伎にアクセス』
『歌舞伎入門』
『歌舞伎の化粧』
合計 約250冊

展示図書リスト
http://www.library.pref.nara.jp/event/booklist/kabuki_20161001.html

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●すみだ北斎美術館・開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」(2016年11月22 日(火)~ 2017年1月15日(日))

Twitterでつぶやく

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hokusai-museum.jp/modules/news/index.php?content_id=121

--------------------

開催概要
展覧会名:開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」

【幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を全巻一挙に初公開
すみだ北斎美術館の開館記念展として、「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」を開催します。 世界的な芸術家として評価の高い葛飾北斎(1760-1849)は、本所割下水(現在の北斎通り)付近で生まれ、およそ 90 年の生涯のほとんどを区内で過ごしながら、優れた作品を数多く残しました。その生誕の地に北斎の美術館が開 館します。これはまさに北斎の里帰り、帰還です。 本展では、海外に流失しており今日まで100年余まったく行方の知られていなかったものの、2015(平成 27)年に、 墨田区が取得し、海外から里帰りした長さ約7メートルの幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を全巻一挙に初公開します。

北斎の代表作品・墨田区所蔵の名品の数々を大公開
墨田区所蔵の数々の名品・優品のなかから、北斎の肉筆画、版画、摺物、版本等約 120 点を一堂に展示し、北斎の 帰還を祝福します。
北斎の代表作といえる作品の数々を間近に見ることができる貴重な機会となります。 北斎生誕の地で、また新しい建築や展示空間で、北斎の作品を鑑賞しながら、北斎のめざした芸術世界を体感してみ てはいかがでしょうか。】

会期:2016年11月22 日(火)~ 2017年1月15日(日) 開催日数43日間
   前期:11月22日(火) ~ 12月18日(日)
   後期:12月20日(火) ~ 1月15日(日)
   ※作品保護のため前後期で一部展示替えを行います。また、各期においても途中で一部展示
   替えを行います。
休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、年末年始11月28日(月)、
     12月5日(月)、12月12日(月)、12月19日(月)、12月26日(月)~1月1日(日・祝)、
     1月10日(火)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は閉館の30分前まで)

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●実践女子大学香雪記念資料館「1797年 江戸の文化人 大集合! -- 佐藤一斎収集書画の世界 --」(2016年10月10日(月) ~ 12月10日(土))

Twitterでつぶやく

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jissen.ac.jp/kosetsu/exhibits/next/index.html

--------------------

【香雪記念資料館では、実践女子大学の学祖・下田歌子関係資料の展示とともに、女性の文化活動、特に絵画制作活動を顕彰し、研究・展示を重ねて参りました。今回の企画展では、下田歌子と同郷の偉人・佐藤一斎(1772-1859)が収集した書画を二巻にまとめた《名流清寄》(個人蔵・恵那市岩村歴史資料館寄託)を中心とした展示を行います。
 《名流清寄》には、そうそうたる顔ぶれの男性に交じって、3人の女性が絵画を寄せているのも注目されます。《名流清寄》が生み出された寛政9年(1797)頃の江戸では、文化人間の交流がいっそう活発化してきました。佐藤一斎を取り巻く多彩な顔ぶれを表す《名流清寄》からは、そうした当時の都市文化隆盛の一端を読み取ることができます。
 このたび東京初公開となる《名流清寄》の世界を、どうかお楽しみ下さい。】

【会期】2016年10月10日(月) ~ 12月10日(土)
    [前期]10月10日(月)~11月12日(土)
    [後期]11月15日(火)~12月10日(土)
【開館時間】10:00 ~ 17:00 
【休館日】日曜日・祝日・11/4(展示替えのため)
     ただし10/10(祝)・10/16(日)は開館
【入館料】無料
【会場】実践女子大学香雪記念資料館 企画展示室1・2
【主催】実践女子大学香雪記念資料館

 この記事のカテゴリーは : 研究者のための公募情報です。

●大東文化大学第一高等学校・高等学校専任教諭(国語科)の公募(2016年10月28日 必着)

Twitterでつぶやく

●詳細はこちらから(JREC-IN)
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D116091237&ln_jor=0

2016年9月29日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●『太平記』国際研究集会編『『太平記』をとらえる』第三巻(笠間書院)

Twitterでつぶやく

10月中旬刊行予定です。

70763_k.jpg

『太平記』国際研究集会編
『『太平記』をとらえる』第三巻(笠間書院)

ISBN978-4-305-70763-5 C0095
A5判・並製・カバー装・226頁
定価:本体2,800円(税別)

 『太平記』は、南北朝期の四十年に及ぶ戦乱をともかくも描ききった、文字どおり希有の書である。しかし、四十巻という膨大な分量をもつことや、これに取り組む研究者が少ないことなどから、依然として基本的な部分での研究課題を積み残している。
 『太平記』研究になお残る課題を少しずつでも解明することをめざし、『『太平記』をとらえる』を全三巻で刊行する。本書はその第三巻でシリーズ完結である。

 第三巻では第一章「『太平記』における知の表現」、第二章「有力守護大名と歴史の表現」、第三章「書物としての探求」の三章を設け、六篇の論文と三篇のコラムを収録。執筆は森田貴之/張 静宇/ジェレミー・セーザ/和田琢磨/北村昌幸/今井正之助/小秋元段/長坂成行/鈴木孝庸。巻末には六篇の論文の英語・中国語・韓国語の要旨も収載。「二〇一五年度『太平記』研究国際集会」での研究発表をもとにした論集です。

【例えば『太平記』研究では、表現の基底や挿入説話の典拠に依然不明な問題が多く残されている。また、同時代の争乱を描いた『太平記』は、眼前の情報をどのように収集し、記事化していったのか。これらの問題を明らかにすることは、『太平記』の成立論・作者論に新たな局面をもたらすことになるだろう。諸本研究にも課題は多く残されている。古態とされる伝本を再吟味することによって、私たちの『太平記』のイメージは少なからず修正を迫られるはずだ。加えて、これらとはやや次元を異にする問題であるが、国際化・情報化の進む研究環境のなかで、国内外の研究者がどうネットワークを構築し、課題を共有して解決に導くかについても、考えてゆかなければならない時期にさしかかっている。こうした様々な課題に少しずつ挑むことにより、つぎの時代の研究基盤を準備したいというのが、本シリーズのねらいである。】

-----------

■著者紹介

○編者
『太平記』国際研究集会

[執筆者]

森田貴之(もりた・たかゆき)南山大学人文学部准教授
研究分野○和漢比較文学 著書等○「『太平記』と元詩─成立環境の一隅─」『國語國文』第七六巻第二号(京都大学文学部国語学国文学研究室、二〇〇七年二月)、「『唐鏡』考─法琳の著作の受容─」『台大日本語文研究』第二〇期(國立臺灣大學日本語文學系、二〇一〇年一二月)、「女主、昌なり─日本中世における則天武后像の展開─」『論集 中世・近世の説話集と説話』(和泉書院、二〇一四年)など。

張 静宇(ちょう・せいう)北京外国語大学北京日本学研究センター博士課程
研究分野○中世文学・中日比較文学 著書等○「『太平記』と呂洞賓の物語」(『軍記と語り物』第五十二号、二〇一六年)など。

ジェレミー・セーザ イリノイ・ウェズリアン大学准教授
研究分野○中世文学・軍記物語
著書等○
軍記物語・太平記
・「下剋上への道─『太平記』に見る観応擾乱と足利権力の神話─」(『太平記』をとらえる』第一巻、笠間書院、二〇一四年)
・"A Critique by Any Other Name: Imagawa Ryōshun's Nan Taiheiki." In Japan Review, col. 29 (forthcoming).
・"Rebel with a Cause: The (Im)Morality of Imagawa Ryōshun." In Japan Review, vol. 28 (summer, 2015).
・Entry on Taiheiki in Perez, Louis G. Japan at War: An Encyclopedia. AB-CLIO, 2013

和田琢磨(わだ・たくま)東洋大学文学部准教授
研究分野○太平記・室町軍記 著書等○単著『太平記』生成と表現世界』(新典社、二〇一五年)。論文「十四世紀守護大名の軍記観」(日下力監修『いくさと物語の中世』汲古書院、二〇一五年)「室町時代における本文改訂の一方法─神田本『太平記』巻三十二を中心に─」(『太平記』国際研究集会編『『太平記』をとらえる─第二巻』笠間書院、二〇一五年)。

北村昌幸(きたむら・まさゆき)関西学院大学文学部教授
研究分野○中世文学・軍記物語 著書等○『太平記世界の形象』(塙書房、二〇一〇年)、「今川了俊の語り─体験と伝聞と─」(『日本文藝研究』六六─二、二〇一五年)など。

今井正之助(いまい・しょうのすけ)愛知教育大学名誉教授
研究分野○中世軍記文学 著書等○『太平記秘伝理尽鈔』研究』(汲古書院、二〇一二年三月)。「永和本『太平記』の復権」(『國學院雑誌』第一一四巻第一一号、二〇一三年一一月)。「扇の的」考─「とし五十ばかりなる男」の射殺をめぐって─」(『日本文学』第六三巻第五号、二〇一四年五月)

小秋元段(こあきもと・だん)法政大学文学部教授
研究分野○日本中世文学・書誌学 著書等○『太平記・梅松論の研究』(汲古書院、二〇〇五年)、『太平記と古活字版の時代』(新典社、二〇〇六年)など。

長坂成行(ながさか・しげゆき)奈良大学名誉教授
研究分野○中世軍記文学 著書等○『伝存太平記写本総覧』(和泉書院、二〇〇八年)、『穂久邇文庫蔵『太平記』〔竹中本〕と研究(下)』(未刊国文資料刊行会、二〇一〇年)など。

鈴木孝庸(すずき・たかつね)新潟大学 人文社会・教育科学系 フェロー
研究分野○平曲を素材とする文学と音楽に関する研究 著書等○『平曲と平家物語』(知泉書館、二○○七年)、『平家を語る琵琶法師』(ブックレット新潟大学、二○一三年)など。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305707635/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はじめに―『太平記』における言葉の重み?▼小秋元段

1●『太平記』における知の表現

1 『太平記』の兵法談義―その位置づけをめぐって―▼森田貴之
 はじめに
 1 『太平記』の展開と謀、兵法
 2 二つの知
 3 背水の陣
 4 おわりに―「機」と兵法

2 『太平記』巻三十七「楊貴妃事」と『詩人玉屑』▼張 静宇
 1 はじめに
 2 日本における『詩人玉屑』の受容
 3 巻三十七「楊貴妃事」と『詩人玉屑』
 4 まとめ
 
●コラム 南北朝時代の重要性と世界文学としての『太平記』▼ジェレミー・セーザ

2●有力守護大名と歴史の表現

1 今川了俊と『太平記』▼和田琢磨
 1 はじめに
 2 了俊の姿勢─『太平記』をどのように読んでいたか─
 3 了俊が目にした『太平記』─了俊は全巻を読んでいたのか─
 4 おわりに

2 『太平記』の情報操作―山名父子の離反をめぐって―▼北村昌幸
 1 はじめに
 2 貞和五年の政変と山名時氏─巻二十七の本文溯源─
 3 観応の擾乱と山名時氏─史実との落差─
 4 文和年間の山名父子離反─作為の可能性─
 5 山名一族に向けられた視線─贔屓か批判か─
 6 おわりに

●コラム 『太平記』の「左馬頭」―予稿―▼今井正之助
 はじめに
 1 鎌倉管領足利左馬頭義詮の発言
 2 「左馬頭」義詮
 3 直義と義詮

3●書物としての探求

1 神田本『太平記』の表記に関する覚書
―片仮名・平仮名混用と濁点使用を中心に―▼小秋元段

 1 はじめに
 2 片仮名・平仮名混用の淵源
 3 神田本『太平記』の表記法の全体像
 4 片仮名・平仮名使用の実態
 5 他資料の状況
 6 濁点の使用
 7 むすび

2 北畠文庫旧蔵本『太平記』管見▼長坂成行
 1 北畠文庫旧蔵本について、先行する知見
 2 書誌の概略
 3 附属資料三点
 4 筆跡について
 5 現存の冊数についての不審
 6 北畠治房について
 7 本文系統について
 8 主な書き込み・貼紙等について
 9 結び

●コラム 神田本太平記の引用符号▼鈴木孝庸
 1 引用符号の諸相
 2 引用符号の繁簡
 3 引用符号と対句の周辺
 4 以上、まだまだメモはあるが、ここまでとする。
 5 引用符号と本文書写の時点の交差

□外国語要旨
英語▼ジェレミー・セーザ訳
中国語▼鄧 力訳
韓国語▼李章姫訳

-----------

【序文全文掲載】

はじめに―『太平記』における言葉の重み?
◉小秋元段

 『太平記』を読む者は、この作品が四十年もつづく争乱をともかくも描ききったところに、まずは圧倒されることだろう。しかも、その歴史叙述は、理念・思想、故事・先例に支えられ、重い言葉によって展開される。だから、『太平記』を読む者は、その言葉によっても圧倒されることになる。
 しかし、そうした言葉のあり方とは裏腹に、『太平記』の思想は必ずしも一貫しておらず、言葉も刹那的に発せられているという一面がある。これまでもそうした指摘はなされ、優れた論考も発表されてきた。だが、『太平記』のこうした叙述姿勢と表現の特徴は、今後も様々な面から追究されるべきだろう。
 本書巻頭に収める森田貴之氏「『太平記』の兵法談義―その位置づけをめぐって―」は、兵法談義という視点から、『太平記』の表現を考察したものである。『太平記』の合戦記事では中国の兵法がしばしば引用され、武士たちの行動が説明づけられる。だが、引用された兵法の論理は、作品全体のなかでどこまで一貫性を保っているのか。森田氏の論は兵法という、『太平記』中ありふれているがゆえに見過ごしがちな素材を丁寧に追ったものだ。
 叙述の一貫性という面からいえば、第二章「有力守護大名と歴史の表現」に収める北村昌幸氏「『太平記』の情報操作―山名父子の離反をめぐって―」にもこれに通じる視点がある。北村氏はここで、『太平記』巻三十二の山名父子の幕府離反記事が、巻二十七以降の山名氏に対する周到な情報操作を経て、佐々木道誉の山名氏への不当な扱いが際立つかたちで展開されていることを指摘する。だが、『太平記』は一貫して山名氏を肯定するわけではなく、場面場面に応じて肯定・批判を使い分けてゆくという。こうした『太平記』の「一貫性のなさ」は、見方によっては四十年の歴史叙述を可能にした『太平記』の最大の秘訣だったのではあるまいか。
 
 さて、本巻では第一章「『太平記』における知の表現」、第二章「有力守護大名と歴史の表現」、第三章「書物としての探求」の三章の構成をとり、論文六篇、コラム三篇を収載している。
 第一章「『太平記』における知の表現」では前掲の森田氏の論考のほか、張静宇氏「『太平記』巻三十七「楊貴妃事」と『詩人玉屑』」を収める。宋代の詩話書『詩人玉屑』が『太平記』で活用されていることはすでに知られているが、その具体的な姿を追究した論考はまだ少ない。張氏は巻三十七「楊貴妃事」をとりあげ、章段内の複数のエピソードが『詩人玉屑』にもとづくことを論証する。前巻所収の論考に引きつづき、『太平記』における宋元文化の受容を考察した一篇だ。
 第二章「有力守護大名と歴史の表現」では前掲の北村氏の論考のほか、和田琢磨氏「今川了俊と『太平記』」を収める。今川了俊の『難太平記』は『太平記』の成立を考える際、必ずといってよいほど拠り所として用いられる文献だ。だが、その記述はどこまで信用できるのか。そうした疑問を視野に入れ、和田氏は『難太平記』所引の『太平記』関連記事の性格を分析するとともに、果たして了俊は『太平記』全巻を読んでいたのかという根本的な問題についても考察する。
 第三章「書物としての探求」では、小秋元「神田本『太平記』の表記に関する覚書―片仮名・平仮名混用と濁点使用を中心に―」と、長坂成行氏「北畠文庫旧蔵本『太平記』管見」の二篇を収める。小秋元の論は、全巻にわたり片仮名と平仮名を混用する神田本『太平記』の特徴に焦点を当て、巻ごとの傾向を分析し、こうした特異な書写がなされる背景を考察したものである。長坂氏の論考は、約半世紀ぶりにその姿を現した北畠文庫本『太平記』についての詳細な考察である。本文系統の分析はもとより重要な成果だが、旧蔵者をめぐる考証や、欠巻を生じた伝来過程の謎にも興味が尽きない。

 これらのうち、森田氏・張氏・北村氏・小秋元・長坂氏の論考は、二〇一五年八月二十三日(日)に東京の法政大学で開催された「二〇一五年度『太平記』研究国際集会」での研究発表をもとにしている。また、当日の集会に参加し、熱心な議論に加わっていただいた和田氏には論文を、今井正之助氏・鈴木孝庸氏にはコラムを執筆していただいた。さらに、ジェレミー・セーザ氏には、米国の学界を中心とした南北朝、『太平記』の研究状況を報告していただくべく、本書への寄稿をお願いし、コラムを執筆していただいた。
 本シリーズは『太平記』研究の一層の深化と、つぎの時代の研究基盤を準備することをめざし、全三巻で刊行することを企画した。この三巻を通じて、各執筆者が集中的に『太平記』の新たな論に取り組むことにより、所期の目標を達成することができたと考える。とりわけ、『太平記』研究の扉が海外に開かれた意義は大きい。
 また、本巻でも英語・中国語・韓国語による論文要旨を収載した。翻訳の労を執ってくださったジェレミー・セーザ氏、鄧力氏、李章姫氏に感謝したい。

-----------

□外国語要旨

英語▼ジェレミー・セーザ訳
中国語▼鄧 力訳
韓国語▼李章姫訳

ABSTRACT


War Councils in Taiheiki--Regarding their Placement
Morita Takayuki

Taiheiki's special characteristic is the large number of episodes about war. There are a number of references to strategy and tactics in such episodes. In this essay I consider Taiheiki's view of military methods (heihō 兵法) through the councils (gungi 軍議) that occurred before battles, and the language evaluating the outcome of those battles.
In episodes that include war councils, most of the references to past military conflicts center on Heike monogatari and Chinese works on strategy, such as the Three Strategies of Huang Shigong and the Six Secret Teachings. However, the discussions in those councils often conclude in ways different than the episodes from other variants; alternatively, the conflicts do not necessarily turn out as the discussions in the council originally imagined. Moreover, there are parts seemingly made to equate with past examples or with content from strategy primers. Such episodes include: "The Matter of the Battle of the Twelfth Day of the Third Month" in chapter 8, "The Matter of Wakiya Hyōbugyō Joining the Southern Court and the Tale of Takasuke" in chapter 23, or "The Matter of the Shogun and His Son Journeying to Kyoto and the Battle of Abō Akiyama Kawara" in chapter 29.
Compared to the high degree of interest in the use of strategy and tactics in Taiheiki, past examples from earlier war tales and strategy manuals do not function as a universal "logic" throughout the text. Rather, opportunity (ki機) and intention (ki気) decide the outcome of battles. There are frequent inconclusive arguments about setsuwa in Taiheiki. A number of points are delineated in such episodes, just as in the case of Taiheiki's war council episodes. From this we can deduce that Taiheiki treated war councils as noteworthy events in and of themselves.
It is also apparent that Taiheiki's readers were also highly interested in Taiheiki's war council episodes, whose content changes in a number of variants, such as in "The Matter of Yoshiakira Deserting the Capital and Momonoi Entering the Capital" in chapter 29 and "The Matter of Yamana Uhyōe no Sakan becoming a Foe and The Matter of Musashi Shōkan's Suicide" in chapter 32. Additionally, readers in the early modern period were interested in matters of strategy as seen in Taiheiki, leading to the creation of works such as Taiheiki hyōban hiden rijinsho, which expanded on strategy and tactics and as a result achieved critical acclaim. However, Taiheiki's war council episodes do not outline an absolute military theory.


"The Matter of Yang Guifei" and "Shijin Gyokusetsu" in Taiheiki Chapter 37
Zhan Jingyu

The chapter 37 episode "The Matter of Yang Guifei" is quoted in order to tell the process by which the rebellion of Hatakeyama Kunikiyo grew to wield great power in the Kanto area. While the episode is based on legends of Emperor Xuanzong of Tang and Yang Guifei as they appear in the Song of Everlasting Sorrow (Chōgonka) and Transmissions of the Song of Everlasting Sorrow (Chōgonkaden) in Japan, entirely new information was inserted into the episode. In this essay I consider this new information along with trends of the Song and Yuan eras, mainly in relation to the Song era work Poets: Treasures and Tidbits (Shijin gyokusetsu).
The episode about the Prince of Ning and Yang Guifei in "The Matter of Yang Guifei" is also quoted in chapter 35's "Passing the Night at Kitano Shrine" episode. Accordingly, it is difficult to say that it is the invention of Taiheiki's author. Most of the Chinese poets of the Song and Yuan periods, treating the Prince of Ning and Yang Guifei as poetic material, avoided the chaos of concubine life following the Tang Dynasty. Five Mountains (Gozan) priests, who saw this trend, made such poetry. The verses of Liu Changqing quoted in "The Matter of Yang Guifei" can be said to have received a high degree of influence from "Seisai's Evaluations on the Difference between Concealing and Revealing the Truth when Writing a Poem", a poetic commentary from chapter 2 of Poets: Treasures and Tidbits. Similarly, since Chen Ke's verse "The History of the Prince of Ning's Advance" in the aforementioned "Seisai's Evaluations" speaks of the Prince of Ning and Yang Guifei, it can be supposed that the episode of the Prince of Ning and Yang Guifei in "The Matter of Yang Guifei" was influenced by Poets: Treasures and Tidbits. Additionally, since the Battle of Tong Pass in "The Matter of Yang Guifei" is a great deal shorter than that which appears in the Chinese history titled the Old Book of Tang, it is unlikely that it was influenced directly by histories such as the Old Book of Tang; in fact, it is highly likely that it was quoted from Du Fu's verse on the "History of Tong Pass" as quoted in his the Thatched Cottage in "The Search for Perfection" in chapter 14 of Poets: Treasures and Tidbits. Moreover, that Yan Wu appears in Taiheiki but not in Origin of the Song of Everlasting Sorrow (Chōgonka koji) is because he appears in Poets: Treasures and Tidbits.
As has been shown, Poets: Treasures and Tidbits was quite popular during Japan's medieval era, and there are many parts that influenced Taiheiki. Therefore, the Prince of Ning and Yang Guifei, the Battle of Tong Pass, and Yan Wu as they appear in "The Matter of Yang Guifei" in chapter 37 of Taiheiki are deeply related to Poets: Treasures and Tidbits, and likely reflect the trends of the Song and Yuan periods.


Imagawa Ryōshun and Taiheiki
Wada Takuma

We cannot overlook the Imagawa family when considering medieval shugo daimyō's views on Taiheiki. The Imagawa left their mark in a number of important documents from the Nanbokuchō through the Muromachi periods, such as Imagawa Ryōshun's Nan-Taiheiki or Imagawa Ujichika's letter in Sanetaka kōki, which are indicative of the relationship between shugo daimyō and Taiheiki. In this essay I focus on Nan-Taiheiki and consider how Ryōshun, who was active during the 14th and early 15th centuries, read Taiheiki.
I have published Taiheiki seisei to hyōgen sekai, which compiles and analyzes the history of Nan-Taiheiki and deals with the importance the Ashikaga placed on Taiheiki as a legitimate history of their family; I also examine it as a work belonging to the classification of legitimate histories, and Nan-Taiheiki's importance in that regard. It goes without saying that Ryōshun felt Taiheiki was a legitimate history. However, when we read Nan-Taiheiki closely, we cannot conclude that Ryōshun's thoughts on it reflect the general opinion of shugo daimyō.
One wonders how closely Ryōshun read Taiheiki. If it were widely accepted as a work of legitimate history for the Muromachi shogunate, or at least one belonging to that category, then he would no doubt have read it closely and would have recorded mistakes or parts requiring alteration in Nan-Taiheiki. It is likely that he would have had access to a complete copy of Taiheiki when he began writing Nan Taiheiki.
I will consider not only these points but also Ryōshun's reception of Taiheiki based on its depiction of the Imagawa family. My conclusion should assist us in apprehending the ideas of Nanbokuchō and Muromachi period shugo daimyō regarding Taiheiki.


The Management of Information in Taiheiki: Regarding the Division of the Yamana Father and Son
Kitamura Masayuki

The Kannō Disturbance, which saw the warriors of the Ashikaga split into two factions, began when Kō no Moronao surrounded the shogun Ashikaga Takauji's manor. The members of the two camps differ based on Taiheiki variants. Importantly, Yamana Tokiuji, who belongs to the Ashikaga Tadayoshi faction in the Genkyūbon variant, is a member of Kō no Moronao's faction in the Kandabon variant. In analyzing chapter 27 of Taiheiki, I conclude that there is a high possibility the Kandabon variant is closer to the original Taiheiki.
Treating Yamana Tokiuji as a member of the Moronao faction probably belongs to historical fact. However, no variant deals with the fact that the rest of the Yamana family defected to Tadayoshi. Accordingly, we are left with no choice but to read the Kandabon and Seigeninbon variants as if the entirety of the Yamana family followed the Moronao--i.e., Takauji--faction during the Kannō Disturbance. Following the Kannō Disturbance, the Yamana's relationship with Tadayoshi was covered up, even in chapter 32 in which the Yamana are finally divided (although it was actually the second time). Moreover, the way Taiheiki deals with the various relationships with Tadayoshi is slightly different. Therefore, unlike the case of the Ishidō family, we are forced to conclude that the development of chapter 32, which deals nonchalantly with the Yamana's rewards, does not accord with logic. Thus the conduct of Sasaki Dōyo, who rejected the Yamana's suits, comes across as irrational. Dōyo, who was the architect of the ostracism of Hosokawa Kiyouji and even of Shiba Takatsune, was evidently seen as one of the primary villains who contributed to the extension of the Upheaval of the Northern and Southern Courts.
Nevertheless, one cannot simply conclude that Taiheiki's author was a Yamana partisan who hated the Sasaki. For instance, in the scene where Yamana Morouji requests Dōyo to put in a good word for him, Morouji is given a drawn out soliloquy. [Their conflict] is not depicted as a binary one of good and evil but as one in which two individuals with differing motivations are in conflict, a common modality often seen in Taiheiki. The episodes of the division of the Yamana father and son are difficult to understand at first glance, but we can count this as one specific example of this modality.


Educational Writings Related to Expressions in Kandabon Taiheiki--Regarding Voiced Consonant Marks (Dakuten) and Combined Usage of Katakana and Hiragana
Koakimoto Dan

The presence of kanamajiri in Kandabon Taiheiki's prose is one of the text's special characteristics. Examples of kanamajiri mixed with kanji date back to the Insei period. However, why is this combination used in Kandabon Taiheiki, which dates to the chronologically distant Muromachi period?
Although Kandabon Taiheiki is the product of a single author, we can divide it into different four styles, A through D. It is possible that these styles reflect reflects a difference in transcription periods. When we look at the degree of mixed usage of hiragana and katakana, B and D exhibits greater usage of hiragana compared to A and C. Conversely, A, which comprises chapters 1 through 9, exhibits a low degree of hiragana, in particular in the first half of chapter 1, which has few instances of hiragana. This means that Kandabon Taiheiki was originally written in kanji and katakana majiri, and that from the beginning the author tried to maintain that style.
We can identify a recognizable tendency when hiragana appears in A, which as I mentioned exhibits a high degree of katakana. In addition to recording particular language such as "nite", "yori," and "kara" in hiragana, "shi," "te," and "mo" are also written in hiragana. Furthermore, those words and syllables act as catalysts for idioms and phrases to be written in hiragana. This reveals that the author's specialized language and syllables were better expressed using hiragana than katakana, and that there was a policy of choosing hiragana for certain words and phrases. The author tried to preserve kanji and kanamajiri as they appeared in the original version, but gradually that pattern was broken and the author proceeded to write in the simpler hiragana, leading to it eventually overriding katakana. In this way Kandabon Taiheiki prioritized speed of writing and efficacy instead of spectacle for the third person reader.
Another issue is that Kandabon Taiheiki's use of dakuten is relatively marked compared to other Taiheiki variants. The unique method of placing dakuten to the left of a character is evident until chapter 2. The early Muromachi period is the first period with examples of dakuten for Japanese prose (wabun), though the method was not yet formalized at that time. In this essay I argue that we must pay attention to the existence of Kandabon Taiheiki's "left dakuten" as something worthy of attention in the history of Japanese writing.


The Hatakeyama Bunkobon Taiheiki Memorandum
Nagasaka Shigeyuki

Among old Taiheiki manuscripts, the Hatakeyama paperback (bunkobon) was displayed around the time of the Santo Classical Japanese Alliance's preliminary exhibit in December of 1972. According to descriptions in entrance catalogues and two or three researchers present at the event, this version was comprised of 40 volumes, not including chapter 22; included 40 books; was written in kanji and kanamajiri script; had a preface dating to 1599 (Keichō 3); and had a seal indicating it belonged to the "Hatakeyama Library (bunko)." Having come down to us from forty years ago, I introduce a summary of it here because it seems to me to have some slight historical importance.
32 chapters remain in this work: books 1 through 19 and 28 through 40--books 20 through 27 are missing. According to the preface recorded on the reverse side of lid of the box in which these 32 chapters were stored, we know the original version once belonged to a "Lord Fukokuen," who is none other than Kitabatake Harufusa (1833-1921), which was also revealed by the lord's seal. Harufusa, a court officer and member of the Supreme Court during the Meiji period, was also in possession of classical texts such as Mingō nissō, Nanju ibun, and Tōka hiden. Later, it appears that the work passed to Ōshima Masataro and the Kōbunsō, but while it was in Kitabatake's possession it ought to have had the 40 chapters reported in 1972. However, doubts remain as to its authenticity, as there are inconsistencies and a size difference with the box in which it was stored; it is also missing 8 chapters. And it is likely this is an earlier copy, since "The reading of this texts was completed on August 1st, in the hour of the dog, in the year keicho 3" is visible in the preface at the end of chapter 40. Moreover, judging from the paper quality and its appearance we can safely say it is a late Muromachi period copy. Still, the expert opinion of Kohitsu Ryōchū (1656-1736) attached to it provides the name of Egetsu and six other priests of Daitokuji as the writers of the volumes, but some of those individuals were dead in Keichō 3, putting the reliability of Ryōchū's opinion into question.
It is unfortunate that the work doesn't include chapters 20 through 27, which are important for knowing this work's lineage. However, we can infer from characteristics in the following episodes that the work belongs to the Genkyūbon variant lineage of the kō (甲類) classification: "Kusunoki Encamps at Mt. Kongō" at the end of chapter 3; "The Imperial Residence at Higashi Sakamoto" in chapter 14; the presence of Saint Hizō, and the ascetic journey episodes of Yasutoki and Sadatoki in chapter 35's "Three Individuals Discuss the State of the Realm at Kitano Shrine" episode; and chapter 40 beginning with the "Middle Hall Gathering" episode.


摘 要


《太平记》的兵法谈义
―以其定位为中心
森田 贵之

  《太平记》作为军记物语,其特性上的表现便以合战为主题的描写段落居多。在合战场面里,时常提到战术战略等方面的语言。本论文通过考察合战前的军事讨论以及对合战结果的批判等得以一窥《太平记》的兵法观。
  《太平记》的军事讨论主要提及两个部分,一是讨论以《平家物语》为主的过去合战案例,二是分析以《三略》《六韬》为主的中国兵法书。讨论的内容在《太平记》的其他章节得到了与预想不同的结果,其结局与预想不一致的情况居多。另外,把过去的合战案例与兵法书的内容对照起来描写(比如第八卷的<三月十二日合战之事>、第二十三卷<脇屋刑部卿去吉野参拜之事 付 隆资卿物语之事>与兵法书内容相对应的第二十九卷<将军儿子上京之事 付 阿保秋山河原合战之事>)。
  与数量繁多的兵法以及对"谋略"的高度关心相比,前面提到的军记物语中过去的合战例与兵法书并没有发挥出贯穿《太平记》整体的"理"机能,而是让《太平记》的合战落脚到流动性的"机"或者说"气"之上。从《太平记》的说话引用中可以发现不少没有结论的讨论。《太平记》合战描写中的兵法讨论同样如此,最后拿出多方观点,将讨论本身以乐趣的态度进行叙述。
  另一方面,《太平记》的读者方表示出对文中兵法谈义的高度关心,我们也能看到不同的传本探讨的内容也有所变化。(第二十九卷 义诠赴任桃井入京之事 第三十二卷 山名右卫门叛变之事 付 武藏将监自尽之事)。之后近世的《太平记评判秘传理尽钞》将《太平记》中的兵法书要素找出来并详加分析,得以广泛流传。不过《太平记》的兵法谈义没有绝对的理论,这也是其特征之一。


《太平记》第三十七卷"杨贵妃事"与《诗人玉屑》
张 静宇

  为了讲述关东势力强大的畠山国清谋反的经过,《太平记》第三十七卷引用了杨贵妃的故事。此故事以《长恨歌》《长恨歌传》为主,在日本流传的唐玄宗与杨贵妃说话的基础上,加入了以前没有的新叙述。有必须考察这些新的叙述内容与宋元时代的风尚,特别是与宋代的诗话《诗人玉屑》之间的关系。
  在《太平记》第三十五卷"杨贵妃事"中引用了关于宁王与杨贵妃的故事。这一段叙述很难说是《太平记》作者的原创。在宋元时代,中国许多诗人以宁王与杨贵妃的故事为主题创作诗歌,对唐代糜烂的后宫生活进行了批判。 受此文学风气影响的日本五山僧人也创作过类似诗歌。"杨贵妃事"中引用的刘长卿诗句,被认为源自《诗人玉屑》卷二・诗评"诚斋评为诗隐蓄发露之异"的可能性极高。同样在"诚斋评为诗隐蓄发露之异"中,陈克的《宁王进史图》也在讲述宁王与杨贵妃的故事,因此是否能推测《太平记》的"杨贵妃事"中关于宁王与杨贵妃的叙述受到《诗人玉屑》的影响呢?另外,"杨贵妃事"中潼关之战的描写比中国史书《旧唐书》更为简略,所以《太平记》直接受《旧唐书》等历史书影响的可能性较小、而从《诗人玉屑》卷十四草堂"责其备"中所引用的杜诗"潼关吏"影响的可能性较大。还有,"长恨歌故事"中一直没有出现的严武在《太平记》的叙述中登场,也是因为在《诗人玉屑》中出现的缘故吧。
  《诗人玉屑》在日本中世广为流传,如先行研究所指出的那样,给予《太平记》诸多影响。因此,在《太平记》第三十七卷"杨贵妃事"中关于宁王与杨贵妃的叙述、潼关之战以及严武的登场都与《诗人玉屑》紧密相关,不正是反映了宋元时代的文学风尚么?


今川了俊与《太平记》
和田 琢磨

  考察中世守护大名的《太平记》观时,今川氏的存在不能忽视。以今川了俊的《难太平记》为首,今川家本的后记记载了今川氏亲收藏的《太平记》以及《宣胤卿记》记载的氏亲书状等,从南北朝时代到室町时代记载的有关《太平记》与守护大名关系的重要资料中,都留下了今川氏的名字。本论主要以《难太平记》为中心,考察活跃于南北朝时代与室町时代的今川了俊如何阅读《太平记》。
  关于《难太平记》的研究史,笔者曾整理讨论过。(请参照拙著《<太平记>的生成与表现世界》)新典社、2015年)。从中可以看出一个问题,《太平记》之所以可看作足利将军的"正史"或者说"正史类"作品,其中一个重要证据就是可以列举出《难太平记》的记载。当然,我也同意今川了俊确实持有这样的态度。不过仔细阅读《难太平记》的本文后,发现并不能说当时守护大名的一般认知与今川了俊的态度是一致的。
  究竟今川了俊阅读《太平记》到何种程度呢?如果说《太平记》在当时被普遍认为是室町幕府的"正史"或者类似存在的话,那了俊不是应该非常仔细地阅读过《太平记》么?那有关书中的错误或者订正,在《难太平记》中不是应该有所记载么?今川了俊难道不是应该持有《太平记》的全卷么?
  为解答以上疑问,不仅要详细比较《太平记》与《难太平记》,还应该考察《太平记》中关于今川氏的描写,这样才能具体阐明今川了俊对《太平记》的吸收方法。本论最后的结论也与南北朝时代至室町时代初期守护大名的《太平记》观密切相关。


《太平记》的信息操作
―以山名父子的背叛为中心
北村 昌幸

  观应之乱是从足利方武士被敌方分裂,高师直包围将军府邸事件开始。此时双方阵营的人员,《太平记》的不同传本有不同的写法。值得特别注意的是,玄玖本中属于足利直义派的山名时氏在神田本中却属于高师直派。因此在分析两传本卷二十七的异同之后,我们能够发现神田本的叙述更加接近《太平记》的原形。
  山名时氏作为师直派的成员是忠于史实的。不过之后山名氏叛变到直义阵营的事件,各诸本却没有言及。因此在神田本、西源院本中,我们只能读到在观应之乱中,山名氏一直属于师直派(即尊氏派)。即便在卷三十二观应之乱后的叛变描写(在史实中其实是第二次叛变)中,隐藏着与直义的关系,而从其他直义派成员的角度进行描写,多少有些不同。与石塔等人的情况不同,第三十二卷在写到分封奖赏时,山名氏受到了冷落,这看起来并不合乎情理。接着佐佐木道誉驳回山名氏的上诉,更让人看不明白。另外道誉还驳回过细川清氏、斯波高经等人的上诉,道誉简直可以说是造成南北朝内乱持续不断的元凶之一。
  如果认为《太平记》的作者是讨厌佐佐木的山名贔屭的话,那事情就变得并不单纯。在山名师氏拜托道誉为其美言的场景中,却又保留了师长冗长的发言。这样的对立并不是要区分善恶,而是要强调双方对峙的属性,这种写法在《太平记》中屡见不鲜。山名父子叛变的描写,初看有些晦涩难懂,这也算是《太平记》叙述手法的一种。


神田本《太平记》表记的备忘录
―以片假名・平假名以及浊点的使用为中心
小秋元 段

  神田本《太平记》的特色之一便是本文的假名部分用片假名・平假名混合标记。把汉字与片假名・平假名混合标记的先例早在院政时期便已存在。那为何在相隔遥远的室町时代成立的神田本还要把二者混合标记呢?
  虽说神田本出自同一笔者抄写,但可以分成ABCD四类书写风格。这可以认为反映了书写时期的不同。我们如果观察片假名・平假名混用的程度的话,会发现与AC类相比,BD类的平假名使用率颇高。反过来说,第一卷到第九卷的A类书写风格平假名的使用率很低,特别是第一卷中几乎没有平假名。这说明神田本的底本是用汉字与片假名混合标记,神田本抄写者最初是严格遵守底本进行抄写。
  在片假名使用率高的A类中,平假名的出现具有一定的倾向性。比如"にて""より""から"等特定的词汇用连绵的平假名来标识外,与汉字接续的"し""て""も"等也用平假名进行表记。以这些词或音节为首,神田本《太平记》中有一定的词汇或句子用平假名来表记。这说明对于抄写者说,与片假名相比用平假名表记词汇或音节更能起到强调作用。如此一来,便出现了以平假名来表记词汇句子的备选项。抄写者虽然最初按照底本遵守汉字片假名混用的表记,但之后渐渐破坏规则,演进到使用自己容易书写的平假名来表记,最终用平假名表记取得了压倒性优势。这也意味着从第三者来看神田本,可以认为是高速性、效率性优先的抄写吧。
  另外,与《太平记》其他传本相比,神田本浊点的标识更为细致。不过到第二卷为止的浊点是标记在文字的左边,这个手法比较特殊。室町时代前期是认可对和文进行标记浊点的初期,也是标记方法还没确定下来的时期。这一时期中神田本出现的左边浊点标记法,在国语表记史中具有特殊意义,学界应当引起重视。


北畠文库本《太平记》的备忘录
长坂 成行

   《太平记》的古代抄本----北畠文库本于昭和四十七年(一九七二)十二月在三都古典联合会举办的下见展观中被展出。根据收藏目录的记述以及在会场阅览过该抄本的两三位研究者的报告,可以得知该抄本共四十卷,第二十二卷散佚,用汉字与片假名书写,有庆长三年的出版记录,"北畠文库"的收藏印等信息。如今四十年过去,为了让北畠文库本受到重视,判明在研究史中的意义,由我来简单概述该抄本的情况。
   该书现在残存第一卷到第十九卷以及第二十八卷到第四十卷,第二十卷到第二十七卷散佚。此三十二册书籍收藏在慳贪箱中,其后盖的记录页写有收藏经过,可以得知本书是布壳园主人即北畠治房(一八三三〜一九二一)的旧藏书,盖有"北畠文库"收藏印。北畠治房在明治时期是司法官担任大审院部长,他还收藏了《岷江入楚》《南狩遗文》《东家密传》等古典书籍。
   此后该书由大岛雅太郎、弘文庄收藏。在北畠治房收藏时,直到昭和四十七年左右应该还存有四十册。散佚的八卷是否与收纳的慳贪箱体积大小有关尚存疑问。根据第四十卷最后的收藏记述"庆长三戌正八月朔日读终之者也",可得知这是庆长以前抄写的,再综合纸质与体裁判断的话,大致是室町末期完成的抄写。但附录的古笔了仲的鉴定书认为,每卷的抄写者不尽相同,应该是以江月和尚为首的六名大德寺僧人抄写完成,但这六位僧人里有庆长三年时还没有出生的人,因此传言的准确性值得再商榷。
   虽然判定系统归属的重要指标所在的第二十卷至第二十七卷残缺,但从第三卷的末尾"楠金刚山上筑城"与第十四卷"东坂本皇居事"的叙述、第三十五卷"北野诣人世上杂谈事"中关于日藏上人、泰时修行、贞时修行的叙述、第四十卷从"中殿御会事"开始等等一些特征上来看,该本应属于甲类本玄玖本系统的一种。


요지


『타이헤이키(太平記)』의 병법담론
― 그 평가를 둘러싸고―
모리타 다카유키(森田 貴之)

 『타이헤이키(太平記)』에는 군담 소설의 특성상 전투를 주요 제재로 하는 대목이 많다. 이들 전쟁담에서는 종종 전술·전략면에 대한 언급도 행해진다. 본고에서는 주로 전투를 앞두고 하는 군사회의 장면과 그 전투 결과를 비평하는 말을 통해 『타이헤이키』의 병법관을 고찰했다.

 『타이헤이키』의 군사회의에서 주로 언급되는 것은 『헤이케 모노가타리(平家物語)』를 중심으로 하는 과거의 전투 사례로, 『삼략(三略)』·『육도(六韜)』를 비롯한 중국의 병법서다. 이때 논의되는 내용은 다른 대목에서 했던 논의와 다른 결론을 이끌어내기도 하고, 논의 때 예상한 대로 결말이 나지 않는 경우도 많다. 또 과거 사례와 병법서의 내용을 대치시키는 부분(권8 '3월 12일 전투', 권23 '와키야 형부경 요시노에 가다. 다카스케경 이야기(脇屋刑部卿吉野へ参ぜらる事 付 隆資卿物語の事)')과, 병서 자체를 상대화하는 듯한 부분(권29 '쇼군 부자의 상경. 아호·아키야마 카와하라의 전투(将軍親子御上洛の事 付 阿保秋山河原合戦の事)')도 있다.

 이와 같은 수많은 병법의 이용이나 '계략'에 대한 높은 관심에 비해, 선행하는 군담 소설의 과거 사례와 병법서는 『타이헤이키』 전체를 관통하는 보편적 '이치'로서 기능하지 않고, 전투의 귀추를 유동하는 '기회' 내지 '기세'를 통해 찾으려 하기도 한다. 『타이헤이키』에는 설화 인용 등을 두고 결론 없는 논의가 종종 이루어지는데, 『타이헤이키』 전쟁담속의 병법 담론 역시 여러 관점을 제시하고 어디까지나 논의 그 자체를 즐기는 방법의 하나로 위치하는 것이다.

 한편, 독자 측의 『타이헤이키』 병법 담론에 대한 관심도 높아, 때로는 이본들 간에서 논의 내용에 변화가 보인다(권29 '요시아키라 하국과 모모이 상경(義詮下国桃井入京の事)', 권32 '야마나 우위문좌 적이 되다. 무사시 쇼칸의 자해(山名右衛門佐敵と為る事 付 武蔵将監自害の事)'). 또 근세에서는 『타이헤이키』 자체에서 병법적 요소를 발견해 그 요소를 확대한 『타이헤이키 효방 히덴 리진쇼(太平記評判秘伝理尽鈔)』가 널리 유행하게 된다. 하지만 『타이헤이키』의 병법 담론은 절대적인 이론을 찾지 않은 곳에야말로 그 특징이 있다.


『타이헤이키(太平記) 』권37 '양귀비'와 『시인옥설(詩人玉屑)』

초세이우 (張 靜宇)

 『타이헤이키(太平記)』권37 '양귀비'는 관동(關東)에서 권력을 휘두른 하타케야마 쿠니키요(畠山國清) 모반의 경위를 설명하기 위해 인용된 이야기이다. 이 이야기에는 『장한가(長恨歌)』과 『장한가전(長恨歌伝)』, 그리고 일본 측에서 전해지는 당(唐) 현종(玄宗)과 양귀비의 설화를 바탕으로 지금까지 없었던 새로운 정보가 삽입되어있다. 이들 새로운 정보와 송·원代의 풍속·문화, 주로 송代 시화 『시인옥설(詩人玉屑)』과의 관계에 대해서 살펴보았다.

 권 37 '양귀비' 속 영왕(寧王)과 양귀비의 이야기는 권35 '키타노츠야 모노가타리(北野通夜物語)'에도 인용되며 『타이헤이키』의 작가가 지어낸 이야기라고 하기는 어렵다. 송·원代에는 중국 시인 대다수가 영왕과 양귀비의 이야기를 시의 소재로 이용해 당代 후궁 생활의 혼란을 비난했었다. 이런 문화에 영향을 받은 오산(五山)승들도 비슷한 시를 지었다. 권37 '양귀비'에 인용된 유장경(劉長卿)의 시구는 『시인옥설 』권 2·시평 '성제평위시은축발로지이(誠斎評為詩隠蓄発露之異)'의 영향을 받았을 가능성이 높다고 한다. 마찬가지로 '성제평위시은축발로지이'에는 진극(陳克)이 읊은 '영왕진사도(寧王進史圖)'의 시구에 영왕과 양귀비가 등장하므로 권37 '양귀비' 속 영왕과 양귀비의 이야기는 『시인옥설』의 영향을 받은 것이 아닌가 추측할 수 있다.

 또한, 권37 '양귀비'에 나오는 동관(潼關) 전투는 중국의 사서 『구당서(舊唐書)』등 보다 훨씬 간략한 것으로 『구당서』등의 역사서에서 직접 영향을 받았을 가능성은 낮고 『시인옥설』 권14 초당(草堂) '귀기비(貴其備)'에 인용된 두보(杜甫)의 '동관사(潼關吏)'의 시구를 수용했을 가능성이 높다고 본다. 그리고 그동안 '장한가 고사(長恨歌故事)'에는 등장하지 않았던 엄무(嚴武)가 『타이헤이키』에 등장하는 것은 엄무가 『시인옥설』에 나오기 때문이다.

 『시인옥설』은 일본 중세 때 상당히 유행했으며 선행 연구의 지적대로 『타이헤이키』에 많은 영향을 주었다. 따라서, 『타이헤이키』 권37 '양귀비'에 등장하는 영왕과 양귀비의 이야기, 동관 전투, 엄무 이야기는 『시인옥설』과 관계가 깊은 송·원 시대의 문화를 반영하고 있는 것이 아닐까.


이마카와 료순(今川了俊)과『타이헤이키(太平記)』

와다 타쿠마(和田 琢磨)

 중세 슈고 다이묘(守護大名)의 『타이헤이키(太平記)』觀을 고찰하는 데 있어 이마카와씨(今川氏)의 존재는 무시할 수 없다. 이마카와 료순(了俊)의 『난타이헤이키(難太平記)』를 비롯해 이마카와家본 간기에서 전해지는 이마카와 우지치카(氏親)가 소장하고 있었다는 『타이헤이키』의 존재, 『노부타네 쿄키(宣胤卿記)』에 실린 우지치카 서한 등, 남북조(南北朝) 시대부터 무로마치(室町) 시대에 걸친 『타이헤이키』와 슈고 다이묘와의 관계를 전하는 주요 자료들 속에 이마가와 씨가 그 이름을 남기고 있는 것이다. 본론은 이들 중 『난타이헤이키』에 초점을 맞춰 남북조 시대부터 무로마치 시대 초기까지 활약한 료순이 『타이헤이키』를 어떻게 읽었었는지에 대해서 고찰한 것이다.

 『난타이헤이키』의 연구사에 대해서는 이미 필자 나름대로 정리·검토를 가해왔다. (졸저 『『타이헤이키』생성과 표현 세계』신텐샤, 2015(『太平記』生成と表現世界』新典社、二〇一五年) 그 안에서 드러난 문제 중 하나로 『타이헤이키』를 아시카가(足利) 쇼군(將軍)가의 '정사(正史)' 혹은 '정사에 비견하는' 작품으로 규정지을 때의 근거로 『난타이헤이키』가 중요한 위치를 차지하고 있다는 점을 든다. 물론 료순이 그러한 생각을 했을 것이라는 점은 수긍할 수 있다. 하지만 『타이헤이키』 본문을 자세히 읽어 보면 료순과 같은 생각이 당시 슈고 다이묘의 일반적인 인식이었다고까지 단정 짓기는 어려워 보인다.

 과연 료순은 얼마나 제대로 『타이헤이키』를 읽었던 것일까. 『타이헤이키』가 무로마치 막부의 '정사' 혹은 이에 비견하는 것으로서 사람들에게 널리 인식된 것이라면 료순도 『타이헤이키』를 상세히 읽고 있었던 건 아닐까. 그리고 불편한 부분이나 정정해야 할 부분에 대해서는 『난타이헤이키』에 기록한 것이 아닐까. 애초에 료순은 『타이헤이키』 전권을 입수할 수 있었던 걸까.

 본론에서는 이와 같은 의문을 풀고자 『타이헤이키』와 『난타이헤이키』를 자세히 비교 검토하고 이마카와씨가 『난타이헤이키』에서 어떻게 그려지고 있는지 고찰한다. 이와같이 함으로써 료순의 『타이헤이키』 수용의 모습을 구체적으로 밝히고자 한다. 본론의 결론은 남북조 시대부터 무로마치 시대 초기까지, 슈고 다이묘의 『타이헤이키』에 대한 의식을 파악하는 길로 이어질 것이다.


『타이헤이키(太平記)』의 정보 조작
―야마나(山名) 부자의 이반(離反)을 둘러싸고―
기타무라 마사유키(北村 昌幸)

 아시카가(足利) 측 무사들이 대립하며 싸운 간오의 요란(觀應擾亂)은 코노 모로나오(高師直)가 쇼군(將軍)의 저택을 포위한 사건을 계기로 시작됐다. 이때 각 진영에 소속된 무사의 면면은 『타이헤이키』 전본에 따라 다르다. 특히 주의할 점은 겐큐본(玄玖本)에서는 아시카가 타다요시(足利直義)파로 분류되는 야마나 도키우지(山名時氏)가 칸다본(神田本)에서는 코노 모로나오파에 속해있다는 점이다. 이에 권27 본문의 차이점을 분석한 결과 칸다본식의 기술이 원본 형식을 전하고 있을 가능성이 높은 것으로 판명되었다.

 야마나 도키우지를 모로나오파로 보는 것은 역사적 사실에 입각한 것일 것이다. 그러나 그 이후 야마나 씨가 타다요시파로 전향한 사실은 어느 이본에도 명기 되어있지 않다. 때문에 칸다본이나 세이겐인본(西源院本)의 야마나 씨는 간오의 요란 동안 일관되게 모로나오파(즉 다카우지 측)에 있었던 것처럼 읽혀버린다. 요란 후 끝내 이반하고마는 권32 속 장면(역사적 사실로는 두번째 이반)에서도 타다요시와의 관계는 덮여 있어 다른 타다요시파의 무사들을 취급하는 방법과 미묘하게 다르다. 따라서 이시토(石塔)등의 경우와는 달리 야마나 씨가 논공행상과 관련하여 냉대받았다고 하는 권32의 전개는 도리에 맞지 않는 것으로 볼 수밖에 없다. 이렇게 야마나 씨의 호소를 거절하는 사사키 도요(佐佐木道誉)의 행태는 점점 부조리함으로 떠오른다. 호소카와 키요우지(細川清氏)의 배척과 시바 다카츠네(斯波高經)의 배척에도 같은 역할을 맡은 도요는 그야말로 남북조의 내란을 장기화시킨 원흉의 하나로 인식되고 있다고 할 수있다.

 그러나 타이헤이키(太平記) 작가가 사사키를 싫어하는 야마나 편이냐 하면 그리 단순하지 않은 문제다. 야마나 모로우지(師氏)가 도요에게 거들어주길 의뢰하는 장면에는 모로우지의 거만한 발언이 그려져 있기 때문이다. 이분법적 대립으로 선악을 구별해서 쓰는 것이 아니라 대립하고 있는 이들 양쪽 모두를 냉정한 태도로 그려내는 것은 본디 『타이헤이키』에서 많이 볼 수 있는 서술 방법이었다. 야마나 부자의 이반 기사는 언뜻 이해하기 어렵지만 분명 이와 같은 서술 방법의 한 예로 꼽히는 것이다.


칸다본『타이헤이키(太平記)』의 표기에 관한 각서(覺書)
― 가타카나(片假名), 히라가나(平假名) 혼용과 탁점 사용을 중심으로―
코아키모토 단(小秋元 段)

 칸다본 『타이헤이키(太平記)』의 특색 중 하나로 본문의 가나(假名) 부분이 가타카나(片假名), 히라가나(平假名) 혼합으로 표기되어있는 점이 꼽힌다. 한자에 가타카나, 히라가나를 혼용하는 예는 원정기(院政期)에 존재했다. 그러나 그보다 훨씬 더 먼 시대인 무로마치(室町)기의 칸다본(神田本)에서, 왜 양자 혼용이 일어났을까.

 칸다본은 동일한 필사자에 의해 서사 되었는데 그 서풍은 A~D의 네 서체로 분류된다. 이는 서사 시기의 차이를 반영하는 것으로 보인다. 가타카나·히라가나 혼용의 정도를 보면 AC체보다 BD체에서 히라가나의 사용률이 높아지고 있다. 반대로 권1~권9의 A체에서는 히라가나의 사용률이 낮고 특히 권1은 전반적으로 히라가나가 거의 보이지 않는다. 이는 칸다본의 저본은 한자·가타가나 혼합이며 칸다본 필사자도 처음에는 그것을 지켜가며 서사했음을 의미한다.

 가타카나 사용률이 높은 A체에서 히라가나가 보이는 부분에는 일정한 경향이 있다. 'にて' 'より''から' 등 특정한 단어를 연면체(連綿體)로 히라가나 표기하고, 한자에 접속하는 'し''て''も'등도 히라가나로 표기한다. 그리고 이들 단어와 음절을 계기로 일정의 단어·문절을 히라가나로 표기한다. 이 경향은 필사자에게 가타카나보다 히라가나로 표기하는 것이 특기인 단어나 음절이 있어 이 말들이 나오면 단어·문절 단위로 히라가나 표기를 선택하는 방식이 존재했음을 나타내고 있다. 처음에는 저본대로 한자·가타가나 혼합 표기를 지키고자 했던 필자였지만 차츰 그 규칙이 무너져 본인이 필사하기 쉬운 범위부터 히라가나 표기화가 진행되어, 이윽고 히라가나 표기가 가타카나 표기를 압도하게 된 것이다. 그런 의미에서 칸다본은 제삼자에게 보이려 기보다 속기성, 효율성을 확보하는 것을 우선으로 서사된 것이라고 할 수 있다.

 그리고 칸다본에는 다른 『타이헤이키』 전본보다 탁점이 비교적 꼼꼼히 표기되어 있다. 다만, 권2까지는 문자의 왼쪽에 탁점을 찍는 특수한 방법을 취하고 있다. 무로마치 전기는 고유 일본어에 탁점을 찍는 예가 인정되는 초기 단계로, 그 방식도 정착이 안 된 시기이다. 그러한 시기였음에도 칸다본에 왼쪽 탁점이 존재했다는 사실은 국어 표기 역사상 흥미로운 사례로 주목할 필요가 있음을 아울러 지적한다.


기타바타케(北畠)문고본 『타이헤이키(太平記)』각서(覺書)
나가사카 시게유키(長坂 成行)

 『타이헤이키(太平記)』 고사본 중 기타바타케(北畠) 문고본은 쇼와(昭和) 47년(1972) 12월에 열린 3都 고전 연합회의 사전 답사 전람회에서 전시됐었다. 입찰 목록에 적힌 내용과 현장에서 열람한 두세 명의 연구자에 의해, 권22가 없는 40권짜리 책으로 40권이 존재하는점, 용자(用字)는 한자·가타카나(片假名) 혼합, 케이초(慶長) 3년의 식어(識語)가 있고 '기타바타케 문고' 도장이 찍혀있다는 등의 식견이 보고되었다. 그로부터 40여 년이 지난 지금 기타바타케 문고본을 살펴보게 되어 연구사적으로도 약간의 의의가 있다고 생각하는바 개략을 소개한다.

 본서는 권1~권19 및 권28~권40의 32권이 남아있고, 권20~권27의 8권 분량이 없다. 이 32권이 거의 들어갈 만한 투박한 상자의 뚜껑 안쪽에 적힌 식어를 통해 본서는 후코쿠엔(布穀園)의 주인, 즉 기타바타케 하루후사(北畠治房)(1833~1921)의 舊장서로 보이며 '기타바타케 문고' 인주(印主)도 판명됐다. 메이지(明治) 시대의 사법관으로 대심원(大審院) 부장도 지낸 하루후사는 『민고닛소(岷江入楚)』 『난슈이분(南狩遺文)』 『토우카히덴(東家秘傳)』등 고전적도 함께 소장했었다. 그 후, 본서는 오시마 마사타로(大島雅太郞), 코우분소(弘文莊)로 전래한 듯한데 기타바타케 하루후사가 소장했을 무렵과 쇼와 47년경에는 40권이 존재해 있었을 것이다.

 그러나 보관하고 있는 상자와 크기가 맞지 않아 8권 분량이 빠져있는 문제와 함께 의문이 남는다. 권40 말미의 식어에 '케이초 3년 술해의 정월부터 읽어 8월 초하루에 읽기를 마친 것이다(慶長三戌正ヨリ八月朔日讀終之者也)'는 글이 있으므로 그 이전에 서사한 것으로 보이며 지질·외형 등으로 봐서도 대략 무로마치 말기에 서사된 것으로 생각해도 좋을 것 같다. 또한 첨부된 코히츠 료추 (古筆了仲)의 감정서에는 각 권의 필사자로 코우겐(江月) 화상등 다이토쿠지(大德寺) 여섯명의 승려가 언급되어있지만, 케이초 3년 당시에 미출생인 인물도 포함되어 전승의 신빙성에 문제가 남는다.

 본문 계통을 아는 데 중요한 지표를 담고 있는 권20~ 권27이 빠진 것이 안타까울 따름이다. 그러나 권3 말미에 '쿠스노기 콘고산에 성을 짓다(楠金剛山に城構える)'가 있는 점, 권14 '히가시 사카모토 황궁(東坂本皇居事)'이 있는 점, 권35 '키타노 참배자의 세간 이야기(北野詣人世上雑談事)'에 니치조 쇼닌(日蔵上人) , 야스토키(泰時) 수행, 사다 토키(貞時) 수행 기사가 있는 점, 권42가 '중전행사(中殿御會事)'로 시작하는 등 그 밖의 부분의 특징에서 이 책은 갑류본(甲類本)과 내용이 비슷한 전본 중 겐큐본(玄玖本) 계통의 하나로 인정된다.

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●高志の国文学館 企画展「浅野総一郎 - 九転十起の生涯」(平成28年10月29日(土)~12月19日(月))

Twitterでつぶやく

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.koshibun.jp/news/exhibit/企画展「浅野総一郎---九転十起の生涯」.html

--------------------

1 概  要 

果敢な実行力と不屈の精神で、日本の近代化に大きな足跡を残したのが、富山県出身の実業家・浅野総一郎です。
若くして大商人になることを夢見、多くの事業を手掛けるも、失敗。それでも、何度でも挑戦する不撓不屈の精神で、失敗のたびに立ち上がり、自分の信じる道を突き進んでいきました。やがて、竹皮・薪炭・コークスなどの商いで成功。
セメント事業を足掛かりとして、海運業や炭鉱開発、埋立事業、水力発電などへと事業を展開し、一代で浅野財閥を築く大事業家へと躍進していきました。
本展では、総一郎の何度失敗してもくじけないたくましさや、社会に役立つ領域にいち早く着目し、事業を展開していった卓越した先見性・行動力を、資料をとおして紹介します。また、最大の理解者であり支援者であった渋沢栄一や安田善次郎との関わりから、人間・浅野総一郎を浮き彫りにします。

2 会  期 平成28年10月29日(土)~12月19日(月)

3 開館時間 9:30~18:00(展示室への入室は17:30まで)

4 休 館 日 毎週火曜日、11月24日(木)

5 観 覧 料 一般400円(320円)、大学生300円(240円)
※(  )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。

6 主  催 高志の国文学館

7 特別協力 NPO法人 九転十起交流会

8 イベント(いずれも参加無料)

(1)(2)は申込が必要です(参加無料)。電話・FAXにて、参加されるイベント名、氏名、電話番号を当館までお知らせください。

(1)文学講座「浅野総一郎.九転十起の生涯」
講師:新田純子氏(作家)
日時:11月3日(木・祝)14:00~15:30
会場:当館101研修室

(2)講演会「映画監督が語る浅野総一郎」
講師:市川 徹氏
日時:11月23日(水・祝)13:00~14:30
会場:当館101研修室

(3)映画三部作上映会 ※申込不要

①「九転十起の男1 青春編」(Sazanami,2006)112分
監督/市川徹 原作/新田純子 脚本/伊藤康隆、市川徹 出演/網本圭吾、寺田農、仲代奈緒
日時:11月6日(日)14:00~
会場:当館101研修室

②「九転十起の男2 激動編」(Sazanami,2007)86分
監督/市川徹 原作/新田純子 脚本/市川徹 出演/加勢大周、網本圭吾、水元秀二郎
日時:11月12日(土)14:00~
会場:当館101研修室

③「九転十起の男3 グッドバイ」(Sazanami,2007)97分
監督/市川徹 原作/新田純子 脚本/市川徹 出演/寺田農、宝田明、水元秀二郎
日時:12月10日(土)14:00~
会場:当館101研修室

(4)テレビ番組上映と担当員によるギャラリートーク(展示解説) ※要観覧券/申込不要
作品:「越中人譚 時代の冒険者たち 第一話 ~近代日本を築いた越中魂~(浅野総一郎/安田善次郎)」
(2006年 チューリップテレビ 50分)
日時:11月5日(土)、11月26日(土)、12月4日(日)、12月17日(土) 各回14:00~15:30
上映会終了後、担当員が展示解説(約30分)を行います。
会場:当館101研修室

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●芭蕉翁記念館 平成28年度芭蕉祭第70回記念特別展「芭蕉と肖像-翁百態」(平成28年10月8日(土)~12月27日(火))

Twitterでつぶやく

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.basho-bp.jp

--------------------

芭蕉祭特別展のお知らせ

「芭蕉と肖像-翁百態」

平成28年10月8日(土)~12月27日(火)

平成28年度芭蕉祭第70回記念特別展です。

今年は芭蕉翁の肖像を軸・彫像とも多数展示します。

ぜひご来館ください。

詳しくはこちらから
http://www.basho-bp.jp/wp-content/uploads/2016/09/28tokubetu.pdf

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●世田谷文学館 連続講座「澁澤龍彦」(仮称)(2017年2月4日・18日・25日(土)、世田谷美術館講堂 ※要申込)

Twitterでつぶやく

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.setabun.or.jp/event/list.html#event00231

--------------------

連続講座「澁澤龍彦」(仮称)のご案内
[日時]
 2017年2月4、18、25日(土)
 各日14:00~15:30
[会場]
 世田谷美術館講堂
2017年秋に当館で開催予定の企画展「澁澤龍彦展」(仮称)のプレイベントとして、各界の論者が多彩な切り口からその魅力を語ります。
※この講座は世田谷美術館講堂が会場です。ご注意ください。

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●宇佐市民図書館・渡綱記念ギャラリー「横光利一展~『旅愁』の俳句~」【自筆原稿「塩」公開】(2016年09月17日(土) ~ 2016年10月30日(日))

Twitterでつぶやく

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.usa-public-library.jp/gallery/event.html

--------------------

【 横光利一生誕百年を記念して、平成11年から始められた「横光利一俳句大会」も、今回で18回目となりました。
 今年の表彰式は10月22日(土)に開催する予定です。
開催にあわせ、今年も「横光利一展」を企画いたしました。
今回は、横光利一の代表作である『旅愁』のなかに、登場人物たちが作ったという設定で盛り込まれている俳句(全15句)を紹介しています。これらの俳句はすべて、作者である横光利一が創作したものです。『旅愁』の本文とあわせてご覧ください
また、今回初公開となる自筆原稿「塩」は原稿用紙4枚の短いエッセイですが、横光利一の最晩年の作品で、没後まもない昭和25年に、遺稿として雑誌「中央公論」に掲載されました。
どうぞごゆっくりご鑑賞ください。】

開催日:2016年09月17日(土) ~ 2016年10月30日(日)

アクセス
http://www.usa-public-library.jp/map/index.html

2016年9月28日

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●韓国文化院・『訓民正音』刊行570周年記念特別企画展  『訓民正音』とハングルデザイン(2016年10月7(金)~ 28日(金)、韓国文化院ギャラリーMI(1F)[四谷] ※入場無料)

Twitterでつぶやく

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=5092

--------------------

【この度、韓国文化院ではハングルを作った目的や文字の原理、使用方法などが記された書籍『訓民正音』の刊行570周年を記念し、韓国国立ハングル博物館と共同で『訓民正音』とハングルデザイン展を下記の通り開催する運びとなりました。

本展覧会では点・線・丸の基礎形態を基盤とした易しい模様と基本文字8個で28個のハングルを作る原理についてご紹介し、『訓民正音』に込められている15世紀のハングル原形をデザイン的に解いた映像、立体、グラフィック作品約30点を一緒に展示します。なお、展示期間中は韓国語をより易しく学べる講座「ぶらっとハングル」と韓国語学習者対象の作文コンテストを開催しますので、皆様のご関心とご観覧、参加をお待ちしております。】

○ 会  期:2016年10月7(金)~ 28日(金)10:00~17:00
※10月7日(金)14:30~ オープニングセレモニー
※休館日:10月9日(日)、10日(月)、16日(日)、23日(日)
○ 会  場:韓国文化院ギャラリーMI(1F) ※入場無料
       〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10 Tel:03-3357-5970
(東京メトロ 丸ノ内線「四谷三丁目駅」新宿方向徒歩5分)
○ 展示内容:ハングルの基本原理とデザイン的に解いた映像、立体・グラフィック作品約30点
○ 主  催:駐日韓国大使館 韓国文化院、韓国国立ハングル博物館
○ お問い合わせ: 韓国文化院 ☎ 03-3357-5970

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●千代田区立千代田図書館・2016年度ミュージアムセミナー2 「国立公文書館『書物を愛する人々』展」【土屋裕史さん/国立公文書館 統括公文書専門官室職員】(2016年11月10日(木曜日)午後7時~、千代田区役所4階、要申込)

Twitterでつぶやく

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20160928-19249/

--------------------

【江戸時代、書物を愛する人々(蔵書家)は、どのようにして書物を収集・保管し、活用したのでしょう。ある大名は、蔵書の中から選りすぐりの漢籍30点を湯島聖堂に献納し、学問の発展を願いました。また、大阪の商人が集めた蔵書は、その商人の死後、幕府へと献上されました。

このセミナーでは、国立公文書館のコレクション形成に大きく寄与した蔵書家を紹介するとともに、書物の世界の奥深さを、同館の「書物を愛する人々」展(10/29~12/17)の展示物の写真などを多く用いて解説していただきます。】

日時 2016年11月10日(木曜日)午後7時~午後8時30分 午後6時30分開場
場所 千代田区役所4階=401会議室
定員 50名/事前申込制、先着順 ※千代田区立図書館の利用登録は不要です。
参加費 無料
講師 土屋裕史さん/国立公文書館 統括公文書専門官室職員
主催 千代田区立千代田図書館

申込方法
2016年10月5日(水曜日)午前10時受付開始

①電話=千代田図書館 03-5211-4289・4290

②来館=千代田図書館10階カウンター

※①と②の受付日時は、月~金曜日(祝日を除く)午前10時~午後6時です

③Web=千代田区立図書館の貸出券をお持ちの方のみ。
     申し込みはこちら(10月5日午前10時まで申込操作はできません)

※視聴覚障害や車いす利用などで配慮・支援をご希望の方は、電話・カウンターで支援の内容とともにお申し込みください。手話通訳をご希望の場合は、11月1日(火曜日)までにお願いします。

問い合わせ
千代田図書館企画担当 電話03-5211-4289・4290
受付時間:月曜日~金曜日 午前10時~午後6時 (平日のみ)

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●第37回 中国語話者のための日本語教育研究会(2016年11月12日(土)、首都大学東京 南大沢キャンパス)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。

--------------------

中国語話者のための日本語教育研究会

研究会趣旨:中国語圏からの留学生は留学生総数の7割以上を占め,今後さらに増加すると思われ、そのための効果的な日本語教育が求められています。しかし,それに対応する研究の成果は,まだ多くないのが現状です。本研究会は習得研究の流れに身を置きながらも,常に現場の声に耳を傾け,日中対照研究の成果を生かして学習者の母語によるプラスの転移とマイナスの転移を体系的にとらえ,中国語話者に対する理想的な日本語教育について考えます。
https://chuugokugowashablog.wordpress.com/

第37回研究会
2016年11月12日(土)
13:00~17:30
【会場】 首都大学東京 南大沢キャンパス 本部棟1階 大会議室
【アクセス】京王線相模原線「南大沢」駅改札口から徒歩約5分
※改札口を出て右手に緑に囲まれたキャンパスが見えます。 http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/map.html
<申し込み不要・参加費無料>

プログラム
12:30 受付開始
13:00~13:40 西畑 美香(一橋大学大学院生)
「中国語「既然」から見た日本語の論理体系」
13:40~14:20 姚 莎莎(昭和女子大学大学院生) 「中国人日本語学習者の対のある自他動詞の使い分けについて ―動作主の不注意による対象の変化を表す場合―」
14:20~15:00 孟 小渓(横浜国立大学大学院生) 「日中における「ほめの返答」と「褒め手の印象度」についての比較研究」
15:00~15:20 休憩
15:20~16:00 村松 由起子(豊橋技術科学大学) 「日本語のテ形に関する日中対照研究―中国語話者向けの日本教育文法の視点から―」
16:00~16:40 于 凌越(東北大学大学院生) 「中国語話者の情報検索に見られる問題点―キーワード使用を中心に―」
16:40~17:20 市原 明日香(お茶の水女子大学大学院生) 「日中感謝表現の解釈フレームとコンテクスト化の慣習 ―なぜ「このあいだはありがとう」が誤解の原因になるのか―」
18:00ごろ 懇親会(南大沢駅周辺にて)

中国語話者のための日本語教育研究会 事務局:劉志偉
第37回研究会 担当委員:劉志偉

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●早稲田大学演劇博物館・野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」【聞き手:児玉竜一(演劇博物館副館長)】(2016年10月18日(火)、18:30~20:00、早稲田大学大隈記念講堂 大講堂、要申し込み)

Twitterでつぶやく

トークショーの情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4654/

--------------------

シェイクスピア没後400年記念特別展 「沙翁復興 ― 逍遙からNINAGAWAまで」関連イベント
野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」

講師:野村萬斎(狂言師) 聞き手:児玉竜一(演劇博物館副館長)
狂言師野村萬斎氏は、シェイクスピア作品を"古典を現代に生かす"という独自のスタンスで解釈し、演出を手掛けてこられました。『間違いの喜劇』を狂言に翻案した『まちがいの狂言』、5人の出演者のみで表現する大胆な再構成を施した『マクベス』など、日本独自の美意識が反映された演出は海外においても高く評価されています。伝統芸能の継承者として現代に生きる萬斎氏は、西洋の古典であるシェイクスピア戯曲を、どのように捉えて演出されているのでしょうか?
古典と現代の融合が生み出す、創造の可能性についてお話し頂きます。

日時:2016年10月18日(火)18:30~20:00(開場17:30)
会場:早稲田大学大隈記念講堂 大講堂
定員:1,000人(要事前予約)※定員を超えた場合抽選
応募期間:9月14日(水)~9月30日(金)※最終日のWeb申込は17:00まで
参加可否のお知らせ:10月7日(金)

申し込み方法: ウェブサイトまたは往復ハガキにてお申し込みください。 
【注】申し込みにあたっては、こちら(FAQリンク)および以下の注意事項をよくお読みください。

両方から申し込まれた場合は無効となりますのでご注意ください。
1.ウェブサイト:こちらのページから申し込みいただけます
2.往復ハガキ:(1)希望イベント名(日時)(2)お名前(ふりがな)(3)住所 (4)電話番号を明記の上、
下記までお送りください。また、返信面には必ずご住所・お名前をご記入ください。
169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学演劇博物館 シェイクスピア展イベント係

※注意事項
・応募多数の場合は抽選となります。
・ハガキでお申込みの場合、締切日の当日消印有効となります。
・各イベントにつき、ご本人様1名限りのお申込みとなります。
・お預かりした個人情報は当イベントの運営管理に使用し、他の目的には使用いたしません。

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●法政大学能楽研究所「国語学から見た能楽伝書」(2016年10月16日(日) 14:00 ~ 17:00、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階A会議室)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kyoten-nohken.ws.hosei.ac.jp/info/2016/2400/

--------------------

《日時》2016年10月16日(日) 14:00 ~ 17:00(開場 13:30)

《場所》法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階A会議室

事前申し込み不要・入場無料

14:00 「能楽伝書をデータベースを用いて読む」 豊島 正之(上智大学)
14:50 「江戸の音声記述と能楽伝書との関係」 高山 知明(金沢大学)
15:40 「謡曲の音声―現代と室町期」 坂本 清恵(日本女子大学)
16:05 コメント:岸本 恵実(京都府立大学)白井 純(信州大学)竹村 明日香(お茶の水女子大学)

◆主催/問い合わせ先◆

野上記念法政大学能楽研究所「能楽の国際・学際的研究拠点」

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

TEL 03 (3264) 9815 FAX 03 (3264) 9607